魅力的なCSRウェブはこう作る。基本ポイント再チェック!

【連載第3回】近年、CSRの領域におけるWEB活用型コミュニケーション(デジタルコミュニケーション)の重要度が高まっています。この連載では、CSR情報のWEBサイト制作におけるポイント、ソーシャルメディアの活用方法など、具体的な事例を紹介しながら、CSR担当者が取り組むべき様々な課題について分かりやすく解説します。 連載第3回の今回は、より多くの人に適切に情報発信を行うための「4つのポイント」の中から、「②サイトの内容と見直しと充実」「③ユーザーとのコミュニケーションの強化」「④外部メディアの積極的活用」についてご説明します。

記事のポイント

●画像や動画を効果的に使い、ぱっと見て興味を持てるサイトに。
●現場に書いてもらうことで、伝わる内容に。
●アンケートなどを活用し、双方向コミュニケーションを。
●CSR専門の外部メディアを使い、さらに広く情報発信を。
●プレスリリースサイトや、検索エンジンマーケティングを利用して拡散していく方法も。

*この連載記事は2016年3月発行の書籍『CSRデジタルコミュニケーション入門(著:安藤 光展, 猪又 陽一, 江田 健二)』の内容をもとに再編集しお届けしています。
http://g10book.jp/book/info/release/csrbook

前回までの記事はこちら

●連載第1回:わかってはいるけれど・・・なかなか手が回らない!?CSR担当者の本音
http://biblion.jp/articles/BUa7G

●連載第2回:押さえておくべき「CSRウェブでの情報発信、4つのポイント」
http://biblion.jp/articles/9KWfP

ポイント②:サイトの内容の見直しと充実

ユーザーが興味を“もてない”サイトの内容とは

アクセス解析ツールで誰が・なぜ・どのように・どうやってサイトを閲覧しているのかを把握したら、その情報をもとにしつつ、ユーザーに興味を持ってもらえるようなサイトの内容を準備していきましょう。

ユーザーに興味をもってもらえるようなサイトの内容をイメージするには、まず逆にわかりにくいサイトの内容にどのようなものがあるかを考えてみるとよいでしょう。

例えば文字や文書ファイル(PDFファイル)そのものがずらっと並んでいるようなサイトは、パッと見た時に何を言いたいのかが汲み取りにくいですよね。せっかく大量の文字でデータの詳細を伝えても、サイト上で細かい文字を読むのは大変ですから、多くの人にとっては読む気がなくなってしまいます。【図1】

CSR報告書などの紙という媒体とウェブサイトという媒体の性質はかなり異なるものであるということを認識しておく必要があります。
図1

図1

テキストとPDFばかりの場合や更新が滞っている場合、ユーザーの興味を引くのが困難になる
また、最後の更新が1年前のものになっているウェブサイトはどうでしょうか。ウェブサイトが1年間、更新されないまま放置されている=あまり力を入れていないとの印象を与えることも避けるべきです。作り手が想像する以上に、ウェブサイトを訪れた人は、見やすさや情報の鮮度といった点を気にするものです。

動画や写真を活用しよう

では、どのようなページであればユーザーの興味を引くことができるでしょうか。最近のトレンドは動画や写真を活用することです。動画や写真はパッと見ただけで言わんとすることがわかりますし、閲覧者の印象にも残りやすいため、より多くの方に興味を持って見ていただけます。通信回線やパソコンの性能アップにより、動画の閲覧も以前に比べて、とてもスムーズになってきています。

活用事例としては、ライオン株式会社の「生物多様性保全への取り組み」について掲載したCSR情報のウェブサイトがあります。生物多様性という概念は多少複雑であるため、どうしても難しい表や文章で説明したくなってしまいがちですが、ライオンの「自社の取り組みをより多くの方に伝えたい」との要望を受け、生物多様性に関する取り組みをわかりやすく図にまとめるお手伝いをさせていただきました。関連性のあるイラストを加えることで、パッと見ただけでもどういうことをしているのかがわかるようになります。
また、ライオンでは各工場で生物多様性保全への取り組みを行なっています。それらの活動をよりわかりやすく伝えるため、各工場の工場長・職員と本部のCSR担当者の方が協力して、各工場の環境活動内容や写真を定期的にアップするという取り組みをしています。

このように、動画や写真を活用することは、より多くの方に見ていただけるようなサイトの内容を作り上げる方法の1つです。

記事制作の下書きは現場に任せてみよう

読ませるサイト、充実したサイトであるために、時にはCSR部以外の従業員の方に、記事の下書きに協力してもらうことも大切です。

CSR担当者が一方的に記事をまとめたサイトは、どうしても「活動紹介」の色が濃くなってしまいます。それに比べ、現場の従業員が書いた記事は、「現場からのCSR報告」として主体性をもった骨太のメッセージとなって、読者に伝わり、共感をもっていただけます。

お願いした従業員の方にとっては、CSRの記事を書くということは、自身の仕事や自社そのものについてCSRの目線で考えることになります。新たな働きがいを発見し、自社へのロイヤリティをもって自発的に行動するきっかけとなることはもちろん期待できます。また、ウェブサイトで従業員が発したメッセージは、紙媒体への掲載よりも、家族、友人など周りの人に広く拡散されることも見込まれます。

当然、現場の従業員にとって記事作成は負担増となりますので、反発もあるかもしれませんが、記事の内容は必ずCSR担当者がしっかりチェックするなど、バックアップを約束し、お願いしてみましょう。
43 件

この記事のキーワード

この記事の書き手

グーテンブック編集部 グーテンブック編集部