コロナ休校中に始めたオンライン学校が配信方法にFacebookを選んだ理由とは?(連載第2回)

2020年3月、突然の休校により一変した教育現場。子ども達が奪われた「学びの場」を取り戻すため「オンライン学校」という新しい教育プロジェクトが立ち上がりました。既存のe-learnigとは異なり、リアルタイム配信、学びの本質の追求、双方向のコミュニケーションにこだわった画期的な取り組み。Withコロナの時代、これまでの学校と家庭の役割を見つめ直し、新しい教育の在り方を考えるきっかけとして、この記事を広く活用していただけることを願っています。

本記事の原稿は、コロナで学校の休校が始まった2020年4月に開校した、オンライン上(Facebook)で学校を提供するプロジェクト「緊急開校 オンライン学校」の立ち上げメンバーの方々に寄稿していただきました。
休校によって子どもたちが自宅に閉じ込められ、生活リズムと学びの習慣が失われていることに危機感を持って集まった有志によるこのプロジェクトは、最終的には延べ1000名を超える参加者を含む、大きな活動の輪となりました。
本記事を掲載する現在、多くの学校は再開していますが、このプロジェクトで実施された様々な学びの企画・実験は、今後の子どもたちの学びや教育を考えるうえで重要なヒントを多く含んだものになっていると考えております。

連載2回目の今回は、オンライン学校を始めるにあたって「カリキュラムをどうするか」と「オンライン配信ツールはどれにするか」をどのように決めたかについて、ご紹介いただきました。

(グーテンブック編集部)

オンライン学校のカリキュラムはどうやって決めたのか?

学習内容の保証と「学びの本質」の提供

教科としては当初から、国語・算数・理科・社会・英語を準備したのですが、内容を決めていくプロセスでは様々な葛藤がありました。

まず、スタート当初は対象学年を絞っていなかったので、カリキュラムの作成や難易度設定にかなり苦労をしました。また、学校の休校対策として実施している「オンライン学校」ですが、学校の授業とまったく同じではなく、「学びの本質」を提供したいという考えが強くありました。「学びの本質」というのは、「学ぶ楽しさ」でもあり、「なぜそれを学ぶのか?」といった問いに対する一つの回答でもあります。その部分を色濃くすると、教科としての独立性や、学習内容の習得という要素が薄れ、学校での授業からは遠ざかってしまいます。

「学校の代わり」として学びの場を提供するという命題と、この「学びの本質」を提供したいという間のジレンマを感じ続けることになりました。

「学校の代わり」を提供するために

例えば英語では、「学びの本質」と「学校の代わり」のバランスが取れた授業が提供できたと思います。英語は他の教科と異なり、実社会でどう使えるのか、どう役立つのかが明確です。英語は言語ですので、「話せる・理解できる」ことがゴールとしてイメージしやすいのです。

とはいえ、英語を杓子定規に「文法」「文型」「構文」を伝えていっても、学ぶ必要性の認識の前に脱落してしまう可能性があります。また、英語は言語であり、どこまでいっても話すツールにすぎないので、「間違えてはいけない」という概念を取り払い、「間違えていても伝わることが重要である」というメッセージを伝えられるよう工夫をしました。

学校とはひと味違う「特別授業」

 (5771)

「オンライン学校」では、平日の五教科の授業とは別に、毎週土曜と日曜には特別授業を行ってきました。特別授業で伝えたかったメッセージは、主に3つのカテゴリーに分けられます。

1つ目は、自分が知らないこと、わからないことに対しての興味関心を持ってほしいというメッセージです。自分が住んでいる世界や見ている世界がすべてではなく、もっと知らない世界がある。それを知るにはまず「関心」を持つことであり、それは子ども達がもともとたくさん持っている好奇心に他ならないと思っています。

2つ目は、社会について深く知ってほしいというメッセージです。子ども達はまだ出たことのない世界ですが、実はすぐ近くにある社会という存在。そこで起きていること、社会で働くということ、社会にあるお金のこと、環境問題やSDGsとは何なのか。一見するとすべてバラバラなことですが、実は社会全体としてつながっているということ。そしてその社会には、これからの時代を生きる子ども達にも関係する様々な問題・課題があるということを知ってもらいたいと思いました。

3つ目は、生き方について考えてほしいというメッセージです。自分が知らないことへの関心を持ち、社会について知った先に、「自分は何になりたいか」ではなく「自分はどう生きたいか」という問いを立ててもらいたいと思いました。普段はあまり考えないことかもしれませんが、本気で生きる大人達との出会いを通して、夢を持つこと、志を持つこと、幸せとは何なのか、プロフェッショナルな生き方とは、自分はこの先社会でどう生きていきたいのか、ということを漠然でもいいので感じてもらいたいと思いました。

学びの新しい提供方法「オンライン配信」

配信方法はZoom、YouTube、そしてFacebook等を検討

 (5772)

配信方法については、様々な議論を経て決定しました。配信方法を決定する上で重視したのは、以下の点です。

 ・より多くの子ども達に、手軽に受講してほしい。
 ・ITリテラシーによる学習機会の差を最小限にする。
 ・専門性の高いツールは避ける。

当初はオンラインミーティングツールである「Zoom」や「ハングアウト(Google)」といったツールの検討も行いました。しかしそれらは多少の専門性も感じられ、まだ広く認知されているとは言えない状況でしたので、早い段階で選択肢からなくなりました。

その後に検討したのが、YouTubeです。動画配信には最適であり最も認知度も高く、子どもであっても手軽に見られることがメリットでした。一方で、YouTube上では、カリキュラムの案内や告知といった事務的な連絡が出しにくいこと、動画ごとにコメントはつけられるのですが、オンライン学校全体へのコメントは出せないこともあり、優先順位を下げました。

そして最後に行き着いたのが、実際に設立することとなった、Facebookのグループページです。ここであれば、学校全体の告知やメッセージ、次回の授業の案内も手軽に出すことができます。子ども達は親御さんのアカウントを借りて一旦グループに登録しておけば、授業の案内も自動的に受信でき、ライブ授業動画も同じページで閲覧できます。一度オンラインで配信した授業動画はストックされ、動画一覧で過去の授業動画も閲覧することができるということも、決め手の一つとなりました。
26 件

この記事のキーワード

この記事の書き手

グーテンブック編集部 グーテンブック編集部