大前研一「イタリアで箱詰めさえすればOK。最強ブランド『Made in Italy』の定義」

【連載第3回】鞄や家具などのものづくり、ファッションやオペラなどの文化。歴史的建造物が連なる町並みや穏やかな農村。国のいたるところに文化と産業が息づく町があるイタリア。国家財政・社会情勢が悪化する中、なぜイタリアの地方都市は活気に満ちているのか。イタリアに日本の課題「地方創生」解決のヒントを探る。

本連載では書籍『大前研一ビジネスジャーナルNo.11』(2016年8月発行)より、日本の「地方創生」の課題に迫ります(本記事の解説は2015年7月の大前研一さんの経営セミナー「イタリア『国破れて地方都市あり』の真髄」より編集部にて再編集・収録しました)。

イタリアの輸出入の現状

地方都市の産業が輸出に貢献

政府がさまざまな問題を抱える一方で、自前の産業を持ち経済的に自立しているイタリアの1,500の町。それらの町の産業は、イタリアの貿易を支える柱となっています。

図-10の左側をご覧ください。イタリアの地場産業である家具、眼鏡の貿易額を見ると、欧州市場の低迷などの影響で右肩上がりとは行きませんが、一定の規模の輸出額を維持していることがわかります。
一方、日本は家具に関しては完全なる輸入国です。
 (3181)

また、眼鏡はかつて輸出が強かったのですが、日本人が外国製のフレームを好むようになったこともあり、近年いよいよ輸出入が逆転しました。
その輸入した眼鏡フレームの生産地が実は日本の福井県鯖江市であったりするのが、実に皮肉です。

同図の右側では、どの産地のどの品目の輸出がどれだけ成長しているのかを前年比(2012年)で示したものです。これだけたくさんの地場産業が好調に輸出を伸ばしているのが、イタリアの貿易の現状です。

売れるイタリアブランド EU外への輸出にも積極的

図-11は欧州主要4カ国の輸出先・輸入相手先を示しています。

輸入相手先は他国に比べてアフリカ、中東、その他(中国、ロシア)が多いのが特徴です。
注目すべきは図の左、輸出先です。ドイツ、フランス、スペインの輸出先の約6割がEU内であるのに対し、イタリアはEUへの輸出依存度が低く、中南米、中東、アフリカなど新興国への輸出を積極的に行っています。言ってみれば、イタリアのブランド品はEU外へも売れる、ということです。
 (3184)

機械、繊維・衣料品・皮革製品などを輸出

主にどのような品目が輸出入されているのでしょうか。図-12で見ていきましょう。
 (3187)

輸出額の上位を占める品目は、機械を筆頭に、前出した繊維・衣料品・皮革製品などです。また、総額としては下位に位置しますが、木工品=家具などはイタリアのブランドとして非常に高い値段が付きます。高級ボートなどは今、外側を中国や台湾で作り、内装だけをイタリアで仕上げるという手法が流行っています。

一方で輸入品目として多いのは、鉱物・石油などの資源、金属製品、化学品などです。

この連載の記事もまとめて読める書籍版はコチラから

1,500
『大前研一ビジネスジャーナル No.11(日本の地方は世界を見よ! イタリア&世界に学ぶ地方創生)』
まるごと「地方創生」号。
・地方創生の前に立ちはだかる「中央集権」の壁/
・顧客セグメントの違いと地方産業が安定化するサイクル/
・デザインの根幹にある哲学と美意識がブランドを創出/

世界に名だたる高級ブランドを創出

30 件

この記事のキーワード

この記事の書き手

グーテンブック編集部 グーテンブック編集部