大前研一「エルメスだけ、フェラガモだけの町。イタリアに学ぶ強い地方の作り方」

【連載第2回】鞄や家具などのものづくり、ファッションやオペラなどの文化。歴史的建造物が連なる町並みや穏やかな農村。国のいたるところに文化と産業が息づく町があるイタリア。国家財政・社会情勢が悪化する中、なぜイタリアの地方都市は活気に満ちているのか。イタリアに日本の課題「地方創生」解決のヒントを探る。

本連載では書籍『大前研一ビジネスジャーナルNo.11』(2016年8月発行)より、日本の「地方創生」の課題に迫ります(本記事の解説は2015年7月の大前研一さんの経営セミナー「イタリア『国破れて地方都市あり』の真髄」より編集部にて再編集・収録しました)。

地方に染み込む都市国家の精神

「表面的な統一」であったイタリア統一

イタリアと言えば、まず長靴のかたちをしたイタリア半島を思い浮かべる人も多いでしょう。
そのイタリア半島も、常に現在のような1つの国(政治的共同体)として統一されていたわけではありません。ここで、イタリアを語る上で欠かすことのできない都市国家の歴史を紐解いていきたいと思います。

図-5が示すのは、イタリア半島の都市国家の変遷です。
紀元前500年頃はギリシャ、エリトリア、イタリアなどで分かれていましたが、500年頃からビザンティン帝国 の侵出など、領土を取ったり取られたりということが続きます。
 (3049)

15世紀中頃には、各地に都市国家が形成され、1815年には、フランス革命とナポレオン戦争終結後のウィーン会議 において欧州の秩序構築とともに領土の分割が行われました。そして1861年にイタリア王国として統一されます。

ところがその後、北方のトリエステ、ヴェネツィアなどの地域はオーストリア、ハンガリー帝国に持っていかれました。オーストリア、ハンガリー帝国は工業レベルの高い国でしたから、そのような二重帝国に支配されたことが、結果的に北イタリアにとってよい財産になったと言えます。この支配時代があったおかけで、北イタリアの工業化の地盤がつくられたのです。

このように歴史を辿ると、統一された1つの国家としてのイタリアの歴史はさほど長くなく、都市国家として各都市が独立していた時代が長かったことがわかります。1861年のイタリア王国統一も、言ってみれば都市国家の伝統が非常に強く残った状態での「表面的な統一」だったのです。

自分を「イタリア人」と言わないイタリア人

都市国家の伝統の色濃さは現在も、各地方の意識の違い、独自の文化に表れています(図-6)。

かつて北イタリアでは独立志向が高まり、北部同盟 という団体が独立運動を起こしました。実は私自身、1995年に『The End of The Nation State(邦題:地域国家論) 』という本を英語で出版したことで、この北部同盟の方々から支持を得ていまして、出版後にカナダのケベック州、スペインの数カ所、そしてイタリアのロンバルディア州から講演を依頼されました。
講演は本よりも穏やかな内容にとどめて、中央政府に睨まれないように気をつけましたが、そのような講演を熱心に開催するくらい、一時期は北部同盟の動きが活発でした。
 (3052)

また、ヴェネツィアは水の都、フィレンツェは花の都、ボローニャは欧州最古のボローニャ大学で有名な学芸都市、ローマは永遠の都、ジェノヴァは海洋国家……など、各都市がそれぞれに特徴的な顔を持ち、そこに暮らす人々がみな自分を「ヴェネツィア人」「ナポリ人」と表現するのも興味深いところです。

日本では自身を「東北人」「北陸人」とは、あまり言わないですよね。イタリアでは、「イタリア人」ではなく、地方の名前で自らを称する人のほうが多く、そんなところからも、地方に対するアイデンティティの強さが窺い知れます。カンパニリズモ=郷土愛が非常に強いのです。

いずれの地方にも美しい町並みがあり、食べものが美味しく、中央政府を憎み、国への帰属意識が低い。イタリアの各地方の共通点を挙げるならば、そんなところでしょうか。

地方自治の単位は州・県・コムーネ

イタリアの地方自治は、国(stato)の下、州(regione)、県(provincia)、コムーネ(comune) の3層体制で行われています(図-7)。日本に置き換えると、現状の都道府県に「道州制」を導入するようなイメージです。
 (3055)

州は1861年の統一以前の王国や諸公国を踏襲するかたちで、1970年代に設置されました。普通州が15、特別州が5あります。その下で国の地方における事務を統括しているのが県で、103あります。

教育、警察などにおける国家行政もこの単位で動いています。そして、その下に基礎自治体としてあるのが、全8,057のコムーネです。

イタリアでは近年、国から地方団体(県・コムーネ)へと権限移譲が進んでいます。
もともとは都市国家であったところ、第二次世界大戦前に当時の首相ムッソリーニがヒトラーに倣って実施したのが、強固な中央集権でした。その時期を経てふたたび、地方分権が議論され始め、1970年には自治権の一部が州へと移譲し、憲法改正なども経て、現在は県・コムーネにも自治権が移譲されつつあります。

この連載の記事もまとめて読める書籍版はコチラから

1,500
『大前研一ビジネスジャーナル No.11(日本の地方は世界を見よ! イタリア&世界に学ぶ地方創生)』
まるごと「地方創生」号。
・地方創生の前に立ちはだかる「中央集権」の壁/
・顧客セグメントの違いと地方産業が安定化するサイクル/
・デザインの根幹にある哲学と美意識がブランドを創出/
27 件

この記事のキーワード

この記事の書き手

グーテンブック編集部 グーテンブック編集部