大前研一「2018年の世界」

大前研一「2018年の世界」

2017年は日本が没落の一途をたどるばかりであることが明らかになった年でした。国際社会における日本のプレゼンスはこの30年で低下する一方であったのに対し、中国の成長は目覚ましく、世界経済は米・欧・中の三極体制に移行しつつあります。完全なる敗北と緩やかな衰退の中で日本が今やるべきことは、将来を全く視野に入れていない「人づくり革命」でも「生産性革命」でもありません。本連載では、国を頼りにせず個人の力を高めていくヒントをお伝えします。

連載一覧

大前研一「2018年の世界」の記事

0 件