【厳選】障害者と共に働く管理職におすすめ|障害者に戦力になってもらう方法を考えるための記事3選

これまでbiblionに寄稿していただいた記事のなかから、障害者と共に働く職場において、障害者に今よりもっと活躍してもらう方法を考えるヒントとなるものを厳選しました。障害者雇用を考える企業の「管理職、人事担当」の方におすすめです。

法定雇用率の引き上げが進み、企業において障害者の積極的な雇用が進められています。
日々の職場で障害者と接する管理職、また労働環環境を整える人事担当のなかには、新たな課題を抱えている方も多いのではないでしょうか。

本記事では、これまでbiblionに寄稿していただいた情報のなかから、障害者が企業で働くためのサポートを先進的に取り組んでいる方々の記事をまとめました。

障害者にチームの一員として戦力となってもらうためには、どのような方策が適しているのでしょうか。考えるきっかけとしていただけることを願っています。

【おすすめ記事1】障害者はどんな考えを持って働いているのか。お互いに理解し合うことが、成功への第一歩

 (6998)

企業が障害者を雇用することは、障害者の働き方を拡大するだけでなく、企業にとっても大きなメリットにつながります。障害者雇用の機会を活用し、大きな戦力を得ることができるからです。

障害者に職場で活躍してもらうためには、お互いを理解し合うことが大切です。
この記事には、障害者の考えや特性を知るための方法や、こちらの要望をうまく伝える方法などが紹介されています。
<目次>
■企業が障がい者を雇用するメリットとは
■企業が障がい者のことを知る術とは?
■雇用した障がい者には企業としての要望を伝えよう
「障がい者だからこの程度の仕事」と決めつけるのはなく、本人のスキルを推し量り、希望も鑑みて、仕事にトライさせていきましょう。
「会社としては、こういう仕事をできるようになってほしい」ということを伝えていくことが重要です。

【おすすめ記事2】障害者と共に、チームの基盤をつくる。障害者・健常者がそれぞれ考えるべきこととは

 (6996)

障害者と共に働くためには、「障害者としての配慮や支援サービス」を中心におきながらも、共に戦う仲間として成長していける仕組みを作っていく必要があります。

この記事では、障害者と共にチームで働くためには、どのような工夫が必要なのかが紹介されています。
<目次>
■障害者支援における原則
・チームを良い状態に保つために必要なこと
・服薬管理の重要さ
■障害者福祉の本来ある場所を見つけよう
また健常者・社会には「障害があるから、守ってやらなければいけない」という義務的な価値観から脱していただきたいと思います。

そのためには目の前にいる人を「障害者」という「カテゴリー」で見るのではなく、一人の個人として自分と組む時に、自分の組織・地域の仲間として組む時に、どういう風にいてもらえたら「自分が助かるか」を「戦力」として考えてほしいと思います。

【おすすめ記事3】その業務に本当に満足しているか?障害者雇用の現場に求められるマネジメントとは

 (6997)

障害者の方々も私たちと同じように、人によって仕事のスキルは様々です。それぞれの志向に合わせた業務ができるよう配慮する必要があります。

この記事では、障害者の方の「高いレベルの業務がしたい」という思いに反して、簡単な仕事しか与えられないことによるミスマッチについて解説されています。
<目次>
■ケース② 高いレベルの業務をしたいのに、簡単な仕事しか与えられない
・オーバースペック人材を活かせない体制
・障害者のフォローは、配属拠点の管理者任せ
■障害者差別と合理的配慮について
■制度デザインの改正で、ミスマッチの是正を目指す
・言葉ひとつがD&I
■業務能力が高い障害者には、活躍の場を用意する
オーバースペック人材を雇用している企業について、業務と待遇の軸で見てみると、本人の成長意欲や職務能力と業務内容に差があり、人材として活用できていないケースが少なくありませんでした。
そこで、オーバースペックの方を分類してみたところ、次の五つのタイプに分かれていました。
22 件

biblionのメールマガジン

関連する記事 こんな記事も人気です

この記事のキーワード