【厳選】障害者雇用に取り組む経営層・人事におすすめ|経営的な観点から障害者雇用を考えるための記事3選

これまでbiblionに寄稿していただいた記事のなかから、障害者雇用を経営的な観点で考えるためのヒントとなる記事を厳選しました。障害者雇用を考える企業の「経営層、人事、管理職」の方におすすめです。

2021年3月、民間企業における障害者の法定雇用率は0.1%引き上げられ、2.3%となりました。
社会全体で取り組んでいく必要のある障害者雇用の問題。多くの企業にとって重要な課題の一つとなっていることと思います。

本記事では、これまでbiblionに寄稿していただいた情報のなかから、障害者雇用の問題を先進的に取り組んでいる方々の記事をまとめました。

障害者雇用の問題を根本的に解決し、障害者と協働していく方策を考えるきっかけとしていただけることを願っています。

【おすすめ記事1】障害者をビジネスパートナーと捉え、ともに働くための3つのアプローチ

 (6907)

障害者がビジネスパートナーと捉えられるようになれば、企業にとっても障害者にとってもメリットは大きくなるでしょう。

この記事では、企業が障害者を戦力としてとらえるために必要となる、3つのアプローチについて紹介されています。
<目次>
■求められるのは、「支援される側から支援する側に変わる」波
・障がい者と協働体制を築くためのアプローチ1「戦力として雇用」
・障がい者と協働体制を築くためのアプローチ2「障がい者就労支援施設と協働」
・障がい者と協働体制を築くためのアプローチ3「障がい者と協業している企業に業務依頼」
■障がい者雇用の新たなビジョン
障がい者が、「支援される側から支援する側に変わる」波を起こしたいと考えています。

「支援される側から支援する側に変わる」には、障がい者がビジネスパートナーと捉えられ、健常者とともに働いていくことが必要です。
経営的視点から障がい者とパートナーシップを結ぶので、企業・障がい者双方にメリットが生まれるようにしなければいけません。

そうした協働体制を築くには、3つのアプローチがあると思います。

【おすすめ記事2】障害者雇用を経営目線で考える。障害者雇用の成功セオリーとは

 (6913)

企業における障害者雇用のコストについて、正確に把握されているでしょうか。

この記事では、意識的に障害者雇用のコストを考える必要がある理由と、障害者雇用を社会全体で捉えていく意義について紹介されています。
<目次>
■法定雇用率と早期退職率から見る、障害者雇用の現状
・障害者雇用は、採用して終わりではない
・障害者雇用のコストは、中途採用コストに埋没している
・障害者雇用のコストを把握すべき理由
■日本全体から見た障害者雇用の意義
・障害者雇用促進法は、社会政策であり労働政策である
・本質的な意義を踏まえた障害者雇用を
障害者雇用問題の解決には、障害者が活躍するための人事制度の改定、部署の新設などの経営判断が必要になります。
受け入れ部署との連携も不可欠で、人事部だけで完結できる問題ではありません。

コストを明らかにすることで定量的に問題を捉えやすくなり、社内での優先順位を上げる効果を期待しているのです。

【おすすめ記事3】障害者雇用のコストを「捨て金」にしない。障害者も企業も幸せになれる方法

 (6918)

障害者を雇用しただけで終わらせてしまっては、障害者にとっても企業にとっても良い結果にはつながりません。

この記事では、障害者雇用を成功させることで、はたらきやすさ、生産性、コストなど、様々な面でwin―winの関係に近づけるための方法が紹介されています。
<目次>
■「捨て金」を生む、障害者の据え置き雇用
・出社してもネットサーフィンだけ? 人材として活用していない実態
・障害者雇用コストを「活き金」に変える方法
■障害者をひと括りにするのが、悲劇の始まり
・「障害者の志向」と「企業の施策」をマッチングさせる
・障害者を二つの志向性グループに分けて考える
据え置き雇用の例として、最低賃金で障害者を雇用し、一日中業務にほとんど関係がない簡単な作業をやらせるといったものがあります。
また、他の社員には実施している研修や勉強会に、障害者を参加させていない企業も多く見られます。

このような据え置き雇用は、企業の目的が障害者を雇うことにフォーカスされてしまい、障害者を人材として活用しようとしないことに起因します。
22 件

biblionのメールマガジン

関連する記事 こんな記事も人気です

この記事のキーワード