大前研一「搾乳から花市場まで。世界の農業シェアを握るオランダの戦略」

【連載第6回】今、日本の農業は変わらなければならない。食料安保、食料自給率、農業保護などにおける農業政策の歪みにより日本農業は脆弱化し、世界での競争力を失った。本連載では、IT技術を駆使した「スマートアグリ」で 世界2位の農産物輸出国にまで成長したオランダの農業モデルと日本の農業を照合しながら、日本がオランダ農業から何を学び、どのように変えていくべきかを大前研一氏が解説します。

本連載では大前研一さんの著作『大前研一ビジネスジャーナルNo.8』より、IT技術を駆使した「スマートアグリ」で世界に名を馳せるオランダの農業モデルと、日本の農業の転換について解説します。
連載第6回は、国際展開により発展してきたオランダ農業についてお話いただきました。

大前研一ビジネスジャーナル No.8(アイドルエコノミー~空いているものに隠れたビジネスチャンス~)

1,620
大前研一氏が2015年に新しく打ち出したキーワード、「アイドルエコノミー」をメインテーマとして収録。AirbnbやUberに代表される、ネットワーク技術の発達を背景に台頭してきたモノ・人・情報をシェア/マッチングするビジネスモデルについて解説します。
同時収録特集として「クオリティ型農業国オランダから学ぶ"スマートアグリ"の最前線」を掲載。世界2位の農産物輸出を誇るオランダ農業モデルを題材に、日本の農業の問題点を探ります。

世界へ飛躍するオランダの農業関連企業

温室環境制御、温室設備で世界的企業に

オランダでは農業が転換していくなかで、生産者が変化するだけでなく、企業も育ちました。
 (1659)

図-20の左側をご覧ください。
いわゆる近代的な施設園芸の全体システムを提供するプリバという会社は、今や世界最大の温室環境制御システム開発会社となっています。全世界の圃場データを集約したビッグデータを持ち、そのデータを生かしてさまざまなコンサルティングを行っており、世界70カ国以上で導入されています。海外売上比率は50%もあります。

さらに右側をご覧ください。ファンデルフーベンも、温室設備の世界的メーカーへと成長を遂げています。温室の設計・部材製造・建設だけでなく、ヒーティングや灌漑設備なども請け負っており、世界60カ国以上で導入されています。

オランダの会社はフットワーク良く海外に出ていきますので、こうした会社がコンサルタントと共にロシアにどっと行き、ノウハウを教えたことで、ロシアの農業は今、輸入しないでも事足りるまで成長してきました。ロシアの農業は欧州との軋轢の中で大きな改革を遂げて、オランダ型に転換し、あっというまに今のところまできたのです。

自動搾乳システムも海外へ輸出

 (1662)

また、オランダでは酪農分野もオートメーション化しており、企業が躍進しています(図-21)。
レリーという会社が持っているのが、自動搾乳システムです。牛にマイクロチップ入りのタグを付けて管理し、搾乳頻度や健康状態をチェックします。そろそろ搾乳の頃だという牛を餌でアストロナットという自動搾乳ロボットのところまでおびき寄せ、自動的に搾乳します。

このシステム稼働状況は、管理者がスマホで管理しています。搾乳が済むと放牧されるようになっており、朝コース、昼コース、夜コースの3回で乳の溜まった牛が搾乳される全自動システムになっています。

元来、労働集約型である酪農を工夫と改善で全自動化したのですが、とはいえ、牛乳の販売、施設維持などさまざまな業務がありますから、2000人を雇用する巨大な会社になっており、この自動搾乳システムも海外へ輸出しています。

農業関連企業の多くが国際展開。トータルでパッケージ化して輸出も

 (1665)

この3社の例から読み取れるように、オランダの農業関連企業はみな、自国で実績を作り、輸出企業になっています。

図-22をご覧ください。有名なのは食品会社で、ユニリーバ、ビールのハイネケン、欧州最大のミートパッカーであるVION。生産事業者では、花卉類の生産・販売を行うLEVOPLANT。トマトのRoyal Pride Holland、パプリカのValster Brothers、世界最大規模の酪農組合であるFriesland Campina。こうしたところが、世界的な競争力を付けてきました。
また、前出のプリバ、ファンデルフーベン、レリーに加えて、施設園芸用のLED照明を開発しているPhilipsもあります。種苗会社ではincotec、ライク・ズワーンなどが国際展開しています。

オランダは、施設栽培の設備から種苗などの資材、IT制御システム、運営技術など、これらの企業をトータルでパッケージ化して、海外に輸出する力も付けてきています。

花卉ビジネスは効率化でグローバルビジネスに発展

世界最大の花市場・FloraHolland

32 件

この記事のキーワード

この記事の書き手

グーテンブック編集部 グーテンブック編集部