自分でできることはどれ?書籍制作の流れを知ろう【出版社をやってみて分かった「本と企画のつくり方」】

【第4回】この連載では、本Webサイト「biblion」も運営している出版社(株式会社masterpeaceと申します)でこれまで100冊ほどの書籍企画・編集・発行をお手伝いさせていただいた筆者(代表兼編集者をやっております)が、自社でお手伝いさせていただいた企画やプロジェクトの経験からお伝えできる範囲で「シンプルな本づくりのポイント」をお話させていただきます。

前回までは、テーマの絞り方と、その本を手に取ってもらうためのアプローチについてお伝えしてきました。
今回の記事では、実際に本づくりを始めるときに考えるべき「役割分担(登場人物)」と「本づくりの流れ」についてご紹介します。

本作りの役割分担(登場人物)

1冊の本が発売されるまでには、どのような役割の人が関わり、どのような工程で作られているのかを簡単に見ていきましょう。原稿を書く著者さん以外にも次のような役割の人が関わっています。(ここに書いてある役割分担は主に弊社の出版流通の場合です。出版方法や企画によって登場人物は変わる場合があります。)
 (5475)

①著者さん

本づくりでいちばん重要な登場人物は、著者さんです。伝えるべき情報を持っている著者さんがいないと、本は生まれません。著者さんは、本づくりの出発点となる原稿を書きます。

②ライターさん

書くことに慣れていない著者さんが原稿を書こうとすると、膨大な時間が掛かってしまったり、書き進めることができなかったりする場合があります。著者さんの持っている「伝えるべき情報」を、ライターさんが取材して引き出し、原稿として書きあげます。

③編集者さん

企画を立て、その企画を実現させるためには誰にどんな仕事を依頼すればいいのか、制作の段取りを決め、完成までをディレクションします。
原稿やデザインを確認し、宣伝用コピーのアイデアや販売戦略を考え、予算も管理します。

④デザイナーさん

本の表紙やカバーの装丁をデザインします。必要に応じて、文中に挿入するイラストを描く場合もあります。弊社の出版サービスでは自動化しており、あまりお願いすることはありませんが、文章レイアウト自体を作成してもらうこともあります。

⑤校閲者さん

書かれた原稿の内容が正しいかを確認して、その誤りを指摘するチェックのプロです。

⑥出版社や取次店(注文を受けて商品の取次をするお店)

59 件

この記事のキーワード

この記事の書き手

グーテンブック編集部 グーテンブック編集部