【後編】村上憲郎氏に聞く「分からないから面白い!これからの電力業界が求める人材」

【連載2回目】電力業界へのデジタル技術の活用というトレンドで強い存在感を見せるエナリス。元グーグル米国本社副社長としても活躍した村上憲郎代表取締役に、電力×IoTの未来について聞きました。(インタビュアー:一般社団法人エネルギー情報センター理事・江田健二氏)

本連載は書籍『3時間でわかるこれからの電力業界―マーケティング編―5つのトレンドワードで見る電力ビジネスの未来』(2016年11月発行)より、電力ビジネスの今後を占うインタビュー記事を再構成して掲載します。(インタビュー:2016/6/7)
(2017年3月24日追記・同日村上氏はエナリス代表取締役を退任されました)

インタビュー前編はコチラ

【前編】村上憲郎氏に聞く「IoTが切り拓く電力ビジネスの未来と『エネルギー情報業』という新分野ビジネスの可能性」
https://biblion.jp/articles/AKIVH

電力業界にビジネス的広がりはあるのか?

電力業界が非常に大きな転換期を迎えているということを、この業界をめざす人に知ってもらいたいというお話でしたが、彼らとの〝温度差〟や意識のズレを感じられることはありませんか。

確かにここまでお話ししてきたようなことをお聞きになっても、ちょっと眉唾というか疑いの眼差しを向けられる可能性はあります。
「電力自由化で何が変わったのか? 売る人が変わっただけじゃないか」とか、「電気を使う量は今までと変わらないでしょ。成長産業ではないのでは?」と。
いくら将来性を述べて広がりを語っても、果たしてビジネスとして上手くいくのかという疑問が出てくるかもしれません。しかしながら、この業界には無限の可能性が広がっていると私は考えています。

電電公社の民営化でNTTができた後、次に起こったのはインターネット革命、さらに携帯電話の出現による通信革命です。
だから明らかに国としては、電力システム改革の中での蓄電池が、通信革命での携帯電話と同じ役割を果たすと考えている。
ところが、インターネットの出現によって莫大に通信量が増えたように、今後電力システム改革で電気使用量が莫大に増えるようなことはないでしょう。
ですから電力販売という視点だけで見たら、確かに産業としては極めて成熟した産業で、利の薄い産業と言えます。
 (3001)

ですが、先ほど(記事前編)お話ししたように、電力業界は〝IoTの練習場〟です。この電力業界に入ってくるなら、変な話ですが電力業界だと思わずに、IoTの業界だと思っていただきたい。
あるいは、その先行きはインダストリー4.0を支える業界なんだと。

エナリスが「エネルギー情報業」を称しているのはそのためでもあります。電気を、エネルギー自体を売る製造販売業というよりは、エネルギーの需給バランスを取るための情報産業だということです。
自分たちのエクスパティーズ(専門知識)はそこであり、それこそが私たちができる社会貢献なのです。

また、先述の通り、この仕組みを海外に売っていくという点では将来性のある業界です。
途上国はまだまだインフラ自体が必要なところもあるわけで、実際に発電所や変電所、送電設備などを作らなければならないケースもある。
そこにスマート電力システムというものを併せて提案していく。ビジネスの需要というものをこう捉えれば、成長は充分に見込める分野ではないでしょうか。

この業界をめざす若者たちに求めるもの

まだ多くの人が持っているイメージとしては、電力業界はかなり閉ざされた保守的な国内産業といったものがあると思います。貴社、またはこれからの電力業界は、どのような人材を求めているのでしょうか。

確かに、これまで電力業界は地域独占でやってきましたからね。どちらかというと保守的な志向の学生が就職する業界でした。
でもこれからは先ほど述べたように、VPPを中心にIoTの先駆けの業界になるはずです。
これからどんどん成長が見込める業界ですから、もうできあがったところに入っていくという意識ではなく、「何か新しいことが起こっている業界だ」「これまで誰もやったことのないことをやるんだ」というワクワク感を持って入ってきていただきたいですね。

あとはやはり、理系の勉強はきちんとやっておいて欲しいですね。
文系でもせめて線形代数くらいの知識は必要でしょう。文系だから数学は苦手だとしても、実際に数式を自分でいじれないとしても、それが何なのかということがしっかりと理解できていれば問題ありません。全体のビッグピクチャーが描ければいいんです。
gettyimages (3015)

理系の勉強をきっちりやることに加え、思考法や発想法など、学生時代にこれだけはしっかり養っておくべき、というものは何でしょうか。

25 件

この記事のキーワード

この記事の書き手

グーテンブック編集部 グーテンブック編集部