VCにもお勧め!法務デューデリジェンスチェックリストで効率アップを

【連載第3回】先ごろ書籍『法務デューデリジェンスチェックリスト』を出版した弁護士・佐藤義幸氏の連載第3回。今回は、弁護士などの専門家に依頼すると多額の費用がかかる法務デューデリジェンス(法務DD)について、「コストパフォーマンス」という視点から語っていただいた。

佐藤:はい。法律事務所や弁護士がVCなど投資家に「今回の法務デューデリジェンスは、どこをどのレベル感でやりましょうか?」と聞いたとき、依頼主が法務デューデリジェンスについてよく分っていない場合、「じゃあ取りあえず全部見てもらえますか?」ということになり、本来なら必要のない無駄なコストがかかってしまうことになります。逆に、「じゃあこことこの部分だけ見てください」と言われれば、当然その部分だけを調査・分析すればいいわけです。ですが、そのとき共通の話し合いの土台、基準のようなものがないと議論のしようがありません。

そんな時、「法務デューデリジェンスチェックリスト」のようなものがあれば、「あ、この分野はこのレベル感までは要らないですね」「この項目はこのレベルで」という感じで話ができます。
初回のキックオフミーティングなどでそうした共通認識をとっておけば、非常にコストパフォーマンス良く法務DDができるのではないでしょうか。

法務的な知識を持っている投資家にとって、「法務デューデリジェンスチェックリスト」は、さらにプラスして調査・分析するところはないのか? など自分の仕事を自己検証するツールにもなるはずです。
投資家の皆さんにも、ぜひ一度使っていただきたいですね。
(次回へ続く)
18 件

この記事のキーワード

この記事の書き手

グーテンブック編集部 グーテンブック編集部