その電力メニューはホントにお得?消費者に求められる「知る力」

【連載第4回】2016年4月からスタートした「電力自由化」。今さら人に聞けない「電力自由化とはなにか?」から、電力自由化によって拡大する8兆円市場の可能性、総合エネルギー企業出現の未来予測など、電力自由化を取り囲む周辺事情を、ステップを踏んで分かりやすく解説していきます。 今回は、電力自由化によって私たちの生活がどう変わっていくのか? 実際にどのような電力供給プランがあるのか? 私たちはそれに対してどんな意識で生活していけばよいのか? について語ってもらいました。

このように、様々な電気料金プランやメニュー、電気料金とセットになった新しいサービスや商品がたくさん出てきています。これは、消費者である私たちにとってはとても喜ばしいことかもしれません。しかし裏を返せば、電力の購入については、消費者責任になるということです。

例えばスーパーに行ってキャベツを買ったときに、後で実は隣のスーパーの方が安かったと分かっても、それはスーパーのせいではなくて、その店でキャベツを買った消費者の責任です。ですから、店ごとの商品の品質や価格を比較して選ぶのが上手な人にとっては、電力自由化後は満足感を得られるようになると思いますが、普段あまり気にせず生活をしている人では、新しい電力会社と契約したものの、1年後ぐらいに、実は損なプランを使っていたということが発覚してがっかりするなどということも起こるかもしれません。携帯電話のサービスで、複数年契約といったサービスや期間限定割引プランをお得だと思って申し込んでしまった後に、違う会社からもっとお得なプランが出てきて「ああ、しまった!」といった状況と同様です。

そういった状況は、いわゆる情報をキャッチすることがあまり得意でない人からすると非常に不利です。気がついたら損をしているということになりがちなのです。つまり、一般的にお年寄りなどインターネットでの情報収集が得意ではない人は、新しい電力会社や新しいプラン、サービスに対して注意を払っておかないと、知らないうちに割を食う世の中になる可能性があるということです。

また、詐欺まがいの悪徳業者が出てくる可能性もあるので、オレオレ詐欺ではありませんが、一人暮らしのお年寄りなどは、本人が気をつけるだけでなく、社会全体で守っていく必要があります。もしかすると国の機関が電力会社を監視したり取り締まったりする動きも出てくるかもしれません。
自由化と聞くと、多くの人はいいイメージを持つと思います。もちろんメリットもたくさんありますが、全てがお得な世界かというと、そうではありません。通信や運輸の自由化と一緒で、おそらくサービス提供者側のレベルも切磋琢磨しながら向上、改善されていくと思います。したがって電力自由化は、サービスの多様化という意味では社会全体にとってとてもよいことだと思いますが、反面、少なからずデメリットも存在しますので、その辺りをしっかりと認識しておくことが大切なのです。

(次回に続く)

かんたん解説!! 1時間でわかる 電力自由化 入門

1,080
2016年4月からスタートする「電力自由化」(電力小売完全自由化)について、図解を交えて分りやすく解説した入門書。日本の電力業界のこれまでの歩み、世界の電力自由化の現状、電力自由化への企業や家庭の対応策、電力自由化後のビジネスチャンスの広がりなどについて、短時間でスムーズに理解できる一冊です。
http://g10book.jp/book/info/release/denryoku1
20 件

この記事のキーワード

この記事の書き手

グーテンブック編集部 グーテンブック編集部