大前研一「イタリアの狡猾さに学ぶ地方創生。『Made in Japan』ブランド&デザインを死守する」

【連載第7回】鞄や家具などのものづくり、ファッションやオペラなどの文化。歴史的建造物が連なる町並みや穏やかな農村。国のいたるところに文化と産業が息づく町があるイタリア。国家財政・社会情勢が悪化する中、なぜイタリアの地方都市は活気に満ちているのか。イタリアに日本の課題「地方創生」解決のヒントを探る。

日本の一村一品運動にも、あるいは鯖江市の眼鏡のような地場産業にも、そのポテンシャルは十分にあるはずなのです。ただ、ブランドを確立して世界に売り込んでいくというコンセプトが欠けていたり、デザインの重要性を正しく理解できていなかったのです。

このようなイタリアから学んだことを日本の地方で実行していくためには、現状の自治権の見直しなども必要になるでしょう。
そして何より、当事者である産地、そこに生きる人々が、国家や政府に頼るのではなく、自分たちの産業を自分たちの力で盛り上げて世界化していくのだという気概を持つこと。それこそが、イタリアに学ぶべき真髄と言えるのではないでしょうか。
(本連載は今回で終了です。)
19 件

この記事のキーワード

この記事の書き手

グーテンブック編集部 グーテンブック編集部