【ビットコイン本格投資!】初級編1:長期?短期?バランスを取りたい投資期間ポートフォリオ

【第3回】書店、新聞、雑誌で、「ビットコイン」「仮想通貨」「ブロックチェーン」という言葉を目にすることが多くなりました。ビットコインは「特別なもの」ではなく、「当たり前のように使われるもの」になりつつあります。 本連載では、ビットポイントジャパンの小田さんが、ビットコイン投資歴1年のタレント/モデル・福井仁美さんがぶつける素朴な疑問に答えながら、投資初心者が無理せずに始められるビットコイン投資方法を解説します。

本連載は2017年4月に発売した小田玄紀氏の書籍『1時間でわかるビットコイン投資入門』より、編集部にて再編集・掲載しています。

BTC投資歴1年のタレント/モデル福井仁美さんが、『1時間でわかるビットコイン入門』著者の小田玄紀さんに「投資の基礎」を聞く!

この連載では、ビットコイン投資歴1年のタレント/モデルの福井さんが、ビットコイン取引所を運営する小田玄紀さんに「投資の始め方」「投資の楽しみ方」をわかりやすく聞いていきます。
 (3994)

手数料ゼロだから少しの値上がりでも利益がでる

手数料無料はお得&わかりやすい&売買しやすい

福井仁美(以下、福井):ビットコインの売買には手数料がかからないのもいいですよね。
株式投資では買うときも、売るときも手数料がかかりますから、少し値上がりしても手数料を差し引くと利益は出ないことがありますが、ビットコインは手数料がかからないので、少しの値上がりでも利益が出る。わかりやすくていいなぁと思います。

小田玄紀(以下、小田):そうですね。ビットコインに限らず、投資で利益を得るには、コストを抑えることが重要です。その意味でも、売買手数料がかからないのは、ビットコインの大きなメリットといえると思います。手数料無料なら、少額で買ってみる、少し上がったら売ってみるなど、練習のような感覚で売買できると思います。
 (4033)

福井:手数料なし=お得、ということ以外にも、わかりやすい、売買しやすいなど、いろいろなメリットがありますね。ところで、手数料無料でも取引所は大丈夫なのですか?

小田:ビットコインの売値と買値の価格差を『スプレッド』というのですが、取引所はこのスプレッドから利益を得ていますから大丈夫ですよ。スプレッドは取引所やその時々の相場などによって変化します。

福井:なるほど。

小田:ひとつ気を付けていただきたいのは、取引所によっては手数料がかかるところもあることです。現時点では手数料無料の取引所でも、改正資金決済法に準じた体制づくりやセキュリティ強化にコストがかかるため、手数料有料化を検討している例もありますから、知っておいてくださいね。

福井:そうなのですか…。体制を整えるためとはいえ、少し残念。取引所を選ぶ際はしっかり比較検討した方がいいですね。

長期&短期。期間別のポートフォリオを組む

長期で大きな、短期で小さな利益をめざす

小田:福井さんは少しでも利益が出たら売る、というスタンスですか?

福井:もともとは長期で保有して大きく値上がりを待ちたいタイプですが、リーマンショックのときに株式投資で大きく損を出したのがトラウマになっているんですよね。
今は株式もビットコインも、長期と短期、バランスを考えながら投資しています。ビットコインは一部を長期で保有していて、一部を短期的に売買している感じです。

小田:なるほど。それはいい方法ですね。私は少なくとも2018年末くらいまでは上昇すると思っているので、それまで中長期で保有するのがいいだろうと考えています。
とはいえ、短期的には上昇、下降の波もありますから、一部は短期で少しずつでも利益を確保していくのもいいですね。
21 件

この記事のキーワード

この記事の書き手

グーテンブック編集部 グーテンブック編集部