【ファイナンス】財務ノマドによる「経営に必要な会計講座」第15回:貸借対照表のポイント その1

会計講座の第15回は貸借対照表のチェックポイントについてです。決算日の会社の財政状態を示すのが「貸借対照表」、一年間の経営成績を示すのが「損益計算書」です。会社の資産・負債の状況がわかる貸借対照表は非常に重要です。財務の安全性を確認するために、貸借対照表において最低限どういった項目の推移を確認しておく必要があるのでしょうか?

本記事は新しい働き方ぜんぶがわかるメディア「ビジネスノマドジャーナル」さんの提供で配信しています。

損益計算書だけでなく、資産・負債の状況がわかる貸借対照表も意識して確認を

Q:貸借対照表ではどんなところをチェックすればよいのでしょうか。ポイントを教えてください。

A:最低限でも現預金と借入金残高や純資産(利益剰余金)残高などを確認しましょう。

決算書にはいくつか種類があるのですが、まず貸借対照表と損益計算書の2つを強く意識してください。

決算日の会社の財政状態を示すのが「貸借対照表」、一年間の経営成績を示すのが「損益計算書」となります。
経営者の多くは売上や利益が気になるので損益計算書ばかり見てしまいますが、会社の資産・負債の状況がわかる貸借対照表も非常に大事な決算書です。ぜひ貸借対照表も意識して見るようにしましょう。

財務の安全性を確認するには、現預金残高の推移を記録することが有効

Q:しかし、経営者の中にも数字が苦手な方も多いですよね。

A:決算書全体を見るのは苦手な方でも、最低限確認してほしい決算書の数字や状態があります。貸借対照表であれば、まずは財務の安全性を確認する必要があります。

貸借対照表は簡単にいうと右側が資金の調達を、左側が資金の運用を示しています。
 (2250)

右側の資金の調達と左側の資金の運用が一致する=バランスするので、バランスシート(Balance Sheet B/S(ビーエス))と呼ばれるのです。

この貸借対照表は会社の財政状態を示すものですが、大事なことは財務の安全性を確認することです。

そこで、数字が苦手な経営者の方々でも最低限、次の項目の推移は確認しましょう!

1.現預金残高
2.借入金残高
3.純資産(利益剰余金)残高

会社にとって資金は血液です。血液不足とならないよう現預金残高の推移を記録するだけでも、経営状況が良いか悪いか見えてきます。
くれぐれも「来週の決済ができない!」などとあわてないようにしましょう。

利益剰余金の推移を見ることで、財政基盤が健全かどうかがわかる

Q:その他にはどのような注意が必要ですか?

A:中小企業にとっては銀行との付き合いが大事です。借入金残高や利息支払い、元本返済スケジュールは意識しておきましょう。

借入金残高を意識することで、現在どれくらい借入金に頼っているのかがわかります。
今後の利息の支払いや元本返済スケジュールを意識し、自社の資金繰りを作成することで、どれくらいの現金支出が今後長期にわたり発生するのかを把握することができます。そして、全体の資金繰りの見通しや経営の安定性向上に役立てることができます。

さらに過去からの利益の積み上げである利益剰余金残高が増えているのか、その集大成である純資産残高が増えているのかも意識しましょう。
赤字が続くと結局会社の財務基盤そのものが弱まってしまいます。

ぜひ継続的に利益を出して、会社経営を安定させていきましょう。
(次回へ続く。本連載は週1回の更新を予定しています。)

【2026年のワークスタイル】第1回:研究職からコンサルタントへ―「20代からのパラレルキャリア」のススメ 八子知礼氏 - Business Nomad Journal | ビジネスノマドジャーナル

【2026年のワークスタイル】第1回:研究職からコンサルタントへ―「20代からのパラレルキャリア」のススメ 八子知礼氏 - Business Nomad Journal | ビジネスノマドジャーナル
でテクノロジーの進化がもたらす新時代のワークスタイルを予見した、シスコシステムズ合同会社・戦略ソリューション・事業開発ディレクターの八子知礼さん。「働くこと」「生きること」への価値観が多様化し続ける今、予測される新たなワークスタイルの潮流とは何なのか。ご自身のキャリアを振り返りながら、じっくりと語っていただく。第1回では、八子さんのキャリアの源流である松下電工時代から、コンサルティング業界へ転身するまでのエピソードを伺った。

【"人生三毛作・二足のわらじ"を生きる】前編―「副業禁止規定」が企業の生産性を落とす A.T.カーニー日本法人会長 梅澤高明氏 - Business Nomad Journal | ビジネスノマドジャーナル

【"人生三毛作・二足のわらじ"を生きる】前編―「副業禁止規定」が企業の生産性を落とす A.T.カーニー日本法人会長 梅澤高明氏 - Business Nomad Journal | ビジネスノマドジャーナル
【副業を解禁することで企業も個人も成長できる】 約半年前の2016年3月に、ロート製薬が社員の副業を認める宣言を出したことは、みなさんも記憶に新しいかと思います。ですが、この流れに追随した企業はほとんどなく、未だ就業規則や暗黙のルールで副業を禁止している会社が圧倒的多数を占めています。企業側にはメリットがないと思われがちな副業ですが、A.T.カーニー日本法人で代表を務める梅澤さんによると、社員が副業をすることで企業にも恩恵がもたらされるといいます。インタビューを通して、梅澤さん自身のキャリアやパラレルワーク、将来の企業や社会のあり方についてお聞きしました。
16 件

関連する記事 こんな記事も人気です

この記事のキーワード

この記事の書き手

ビジネスノマドジャーナル ビジネスノマドジャーナル